ピル外来

当院ではオンライン診療で
ピルの処方が受けられます

当院では、避妊効果が高く副作用が少ないピルを処方しています。

低容量ピルには、避妊効果や月経前の不快な症状を緩和する効果があります。

毎日1回決まった時間に内服することで、排卵を抑え、子宮内膜の増殖を抑えることができます。

正しく内服することで約99.7%の避妊効果が得られるだけでなく、安全性の高い低容量ピルで「望まない妊娠」から自分自身を守ることができます。

希咲クリニックでは、2回目以降の診察から便利なオンライン診療をご利用いただけます。

初めて処方を希望される方は、まずは診察にいらしてください。

低容量ピルの効果

  • 避妊率は飲み忘れがなければ99.7%
  • 月経前の不快な症状(PMS)を緩和できる
  • 生理痛(月経痛)が軽くなる
  • 生理周期が一定になるので予定が立てやすい
  • 子宮内膜症の軽減、改善
  • 月経をコントロールできる

低用量ピルとは?

低用量ピルとは、女性ホルモンが含まれている経口避妊薬のことです。

服用すると脳の視床下部や下垂体と呼ばれる部分に作用し、脳から卵巣を刺激するホルモンの分泌を抑えることで、避妊効果を高めます。

低用量ピルを内服することで、排卵を抑え、避妊することが可能です。

月経移動もご相談ください

旅行や休暇、学校行事などで生理の時期をずらしたい場合は、ピルを内服することによって月経移動ができます。

生理を早めたい場合:月経の5日前
生理を遅らせたい場合:生理の10日前

月経を早める場合と遅らせる場合でご来院のタイミングが変わってきますので、ご相談ください。

低用量ピルの種類

低容量ピルには、目的に合わせた2種類があります。

  • 低用量経口避妊薬(OC)→避妊が目的
  • 低用量エストロゲンープロゲスチン(LEP)→月経困難症などの治療が目的

避妊が目的の場合は、低用量経口避妊薬(OC)の処方になります。

希咲クリニックで扱っているピル

当院で扱っているピルの種類は、下記の通りです。

避妊が目的の経口避妊薬(OC)

避妊目的の低用量ピルは、保険適用外となるため自費診療扱いになります。
※薬の料金を含め、全額自己負担になります。

マーベロン28
ファボワール錠28
トリキュラー錠28
ラベルフィーユ錠28

治療が目的の低用量ピル(LEP)

治療目的のピルは、低用量エストロゲンープロゲスチン(LEP)と呼ばれます。

月経困難症などの治療薬としてピルを内服する場合は、健康保険の適用となります。

ヤーズ配合錠
ヤーズフレックス配合錠
ルナベル配合錠

低用量ピルの副作用

低容量ピルの主な副作用は、次のような症状があります。

  • 気分が悪い、嘔吐
  • 頭痛、下痢
  • むくみ
  • 不正出血
  • 血圧が高くなる
  • 体がだるい
  • 気分が落ち込む
  • 乳房がはる
  • 性欲減少または亢進

低用量ピルを飲み始めて数日〜数ヶ月間は、吐き気や不正出血などの症状が見られることがあります。

副作用が強い場合は、別の種類のピルを処方しますので我慢せず相談してください。

特に注意したい副作用

ピルを飲むとごくまれに血栓症(血の塊が血管の中に詰まってしまう病気)を発症してしまうことがあります。

当院では安心して服用いただくためにも、6ヶ月ごとに血液検査を実施しています。(税抜2,500円)

また、下記のような症状が現れた場合は、すぐに医療機関を受診してピルを飲んでいることを伝えてください。

  • 突然の足の痛みや腫れ
  • 手足の脱力感
  • 突然の息切れや押し潰されるような胸の痛み
  • 激しい頭痛、舌のもつれ、喋りにくさ、視力障害など

ピルの飲み方注意点

低容量ピルは1日1錠、毎日同じ時間帯に飲むようにしてください。

飲み忘れてしまうと効果が得られなくなってしまうため、飲み忘れに注意してください。

ピルの内服に食前食後は関係ありません。

また、初めてピルを飲むときは、生理の翌日から飲み始めてください。当院では28錠タイプのピルを処方しています。

シートの飲み進め方

ピルのシートには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。

28錠タイプのものには偽薬(ホルモン薬が含まれていないもの)が含まれているので、毎日服用することで飲み忘れを防ぐことができます。

初めて飲み始める時は、生理の翌日から内服を始め、そのまま毎日飲み続けます。

ピルを飲んでいる間は排卵が止まった状態になりますが、生理の時と同様の出血が見られます。

低用量ピルのQ&A

Q.ピルを飲み忘れてしまったら?

1〜2錠飲み忘れたor1〜2日飲み始めるのが遅くなった

気づいた時点で前日の1錠を内服してください。その日の分は、いつも通りの時間に飲んでください。

3錠以上錠飲み忘れたor3日飲み始めるのが遅くなった

1〜2週目に飲み忘れ、その間性交渉が行われなかったor他の避妊法をとった場合
→気づいた時点で前日の1錠を飲んでください。その日の分は、いつも通りの時間に内服してください。

1週目に飲み忘れ、他の避妊法を取らず性交渉した場合
→妊娠を望まない場合は緊急避妊薬を飲む必要がありますので、受診をお勧めします。

3週目に飲み忘れた場合

気づいた時点で出来るだけ早く1錠を飲み、その後は1日1錠を最後まで飲み続けてください。偽薬は飲まずに次のシートのピルを飲み始めましょう。

偽薬を飲み忘れた場合

飲み忘れた偽薬は捨てて、その日の分のお薬を飲んでください。

Q.いつから避妊効果が得られるの?

ピルの内服を始めてから確実な避妊効果が得られるのは、内服開始から8日目以降です。
それまではコンドーム を併用するなど避妊対策をしっかり行ってください。

Q.ピルを飲むと不妊にならない?

ピルを飲んでいるからといって不妊になることはありません。妊娠を希望される場合は、ピルの内服をやめてから妊娠できる状態になるまで2,3ヶ月ほどの時間がかかることがあります。

Q.ピルをもらいに行くのが面倒です

ピルをもらいに毎月病院に行くのは面倒ですよね。当院では、初診から3回目の処方までは1シートずつのお渡しとなります。

4回目の処方からは最大6シート(6ヶ月分)をまとめてお渡ししています。
また、自宅で簡単に処方が受けられるオンライン診療もご利用いただけますので、ご活用ください。

Q.低用量ピルを飲み始めるタイミングは?

妊娠していなければいつでも服用が開始できます。

避妊目的の場合は、月経が開始してから5日目までに内服を開始します。

治療目的の場合は、ピルの種類によって開始時期が異なります。

ルナベル:月経1〜5日目に服用開始
ヤーズ・ヤーズフレックス:月経1日目から服用開始

Q.ピルを飲んでから吐いたり下痢になったら?

ピルを飲んで2時間以内に嘔吐や下痢があった場合は、出来るだけ早くもう一度内服します。

2時間以上経過している場合は、避妊効果が持続していると考えられるので、翌日にいつもと同じように1錠内服してください。

24時間以上嘔吐や下痢が続いている場合は、一旦内服を中止してください。

Q.ピルを飲めない人もいる?

女性ホルモンの病気がある方はピルを飲むことができません。

また、ピルの主成分であるエストロゲンは、血を固まりやすくする特性があるため、血栓症のリスクが高い方も飲むことができません。

  • 重い持病、ひどい片頭痛のある方
  • 原因不明の不正出血のある方
  • 高血圧(血圧が140/90を超える)の方
  • 35歳以上で、1日15本以上喫煙される方
  • 乳がん、子宮体がんの疑いがある、またはかかっている方
  • 妊娠中の方、出産後3週間以内の方、出産後6週~6か月の間で授乳中の方

ピルの処方の流れ

当院でピルの処方が初めての方

ご来院

完全予約制ではありませんので、ピルのご相談は診療時間内にご来院ください。

受付

ご来院いただき、受付でピルの処方を希望しているとお伝えください。

問診票の記入

お薬の内服についてチェックシート(OC問診票)をご記入いただきます。特に他の症状などがなければ、内診台に上がっていただく必要はありません。

下記の2つの問診票をご記入の上、ご来院いただきますと待ち時間が短くなりますのでご活用くださいませ。

婦人科問診票①

ピル問診票②

診察・説明

院長またはスタッフからピルの内服に関する説明があります。

初診から3回目の処方までは副作用の確認などのため医師の診察が必要になります。

生理痛がひどい方は保険適用のピルの処方の対象とhなる場合がありますので、診察の際にお申し出ください。3回目までは1シートずつのお渡しとなります。

お渡し・会計

受付にて会計・お薬をお渡しします。

ピルの処方が2回目以降の方

受付

ご来院いただき、受付でピルの処方を希望しているとお伝えください。

診察

ピルを内服する中で副作用の有無やピルが体に合っているかなどのお話を伺います。

4回目以降は最大6シート(6ヶ月分)まで処方することが可能ですので、ご希望のシート数をお伝えください。副作用や休眠期間がなければ医師の診察はありません。

採血(必要時)

当院では血栓症や合併症の早期発見のため、6ヶ月ごとに採血が必要になります。

お渡し・お会計

受付にて会計・お薬をお渡しします。

※ピルの種類を変更される場合、一度ご購入いただいたピルについては返金できませんのでご了承ください。

ピル外来予約システム(来院にてピルをお渡し)

4回目以降の処方からは、ピル外来予約専用システムをご利用いただくことができます。

このシステムをご利用いただくことで、待ち時間なしでお薬をお渡しすることができます(当日予約は30分前まで可能です。)

来院予約

オンライン診療(郵送にてピルをお渡し)

2回目以降にピルの処方を行う方は、ご自宅で診察が受けられるオンライン診療がご利用いただけます。

処方されたピルを郵送でお届けしますので、ぜひご活用ください。
初診の方は診察を受けていただく必要がありますので、ご来院ください。

オンライン診療予約

避妊ピルの料金

初診料
2,000円
マーベロン28(1シート/1ヶ月分)
2,100円
マーベロン28×2(2シート/2ヶ月分)
4,100円
マーベロン28×3(3シート/3ヶ月分)
6,000円
マーベロン28×6(6シート/6ヶ月分)
11,700円
トリキュラー28(1シート/1ヶ月)
2,100円
トリキュラー28×2(2シート/2ヶ月)
4,100円
トリキュラー28×3(3シート/3ヶ月)
6,000円
トリキュラー28×6(6シート/6ヶ月)
11,700円
ファボワール(1シート)
1,565円
ラベルフィーユ
1,565円
月経移動(初診料と再診料込み)
3,000円

表示料金は全て税抜です。
※再診料は料金に含まれています。
※ファボワールはマーベロンのジェネリック薬、ラベルフィールはトリキュラーのジェネリック薬になります。